IT関連の人たちの気になる年収

今の世の中、なくてはならないITの存在。
私たちの生活の中にも、ITはいたるところに存在しています。
パソコン、携帯電話、スマートフォン、インターネットに、ゲーム、いつでもどこでもITの技術が身近にある状態です。
つまり、逆に言えば、そんなITのシステムが狂うと、日常の生活にもさまざまな支障が起きてくるということ。
それだけ、ITは身近なものになりました。

IT関連の仕事についていると聞くと、それだけで理知的で、学歴が高くて、出来る人というイメージがありますよね。
実際、ITの機器は精密機器が多く、それが少しでも崩れるとシステム全体や他のシステムにまで大きな影響を及ぼしてしまうのですから、仕事にもかなり精度の求められる仕事が多いです。
システムが故障することで、国民の日常生活に支障が出る場合もあるので、かなり神経も使う仕事です。

では、実際、IT関連の仕事をしている人たちの待遇はどうなっているのかについて調べてみました。
IT関連の仕事全体を通してみてみると、平均年収はおおよそ500万円程度です。
他の職種よりは若干高めですが、精度を要求されたり、高度な専門性を要求される仕事が多い割には思ったよりも年収は低めです。

実際、IT関連の仕事についている人たちの仲にも「仕事の内容の割には年収が少ない」と離している方々もいるようなので、実際に働いている人たちからすればもっと高くして欲しいのが願望でしょう。
しかし、これはあくまでも平均的な年収であって、ITの業界は、資格や能力、やる気などの要件で年収は激変します。

自分のやりたいことを、自分を高めながらこつこつ続けていけば年収1000万円も夢ではない仕事です。
自分を磨けば磨くほど価値の出る仕事、やりがいに満ちている仕事といえます。

やりがいのある仕事という事で最近はデータベース系のエンジニアを目指す人がいると聞きます。データベース系といってもピンとくる人は少ないと思います。興味がある方はこちらのサイトでご確認下さい。⇒「データベース系フリーエンジニアお仕事帳」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です